私の日常生活で起こったことを書き込んでいきたいと思います


by inoueshika

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今月のちょっといい話

私の友達が毎月、今月のちょっといい話、と題して色々な話の手紙を送ってくれます。

大切な井上秀人・淑子(私の妻)様へラッキ―通信です
<この子が一番>
長男が小学1年生になって、私はあせっていました。
朝から夕方まで、1人遊びしても良かった保育園。でもこれからは、許されません。
学校という枠から、はみだしてしまう事への不安は大きく、かといって誰に相談すれば良いのかわかりませんでした。
母親の私も、他人との関りが下手で、まわりのお母さんからは、一歩引いて接していたのです。
こんな私を救ってくれたのは、学校の連絡ノートの言葉です。
心の内を先生に打ち明けると、
「お母さん○○君はよい所が多くて書ききれません」
と返事が書いてありました。
初めての子育てで、「良い子」に育てるためのプレッシャーでがちがちだつた心が優しくほぐされ、涙が出てきました。ありのままを受けとめてやろうと思えたのです。
いまや,その子も中学3年生になりました。
いろいろあっても、先生の言葉を思い出して、「この子が一番」と思って接してきました。おかげで、素直な子に育ってくれました。
先生、あの時は、本当にありがとうございました。

今月は以上の内容の話をいろいろきれいに装丁した封筒に入れて送ってくれました。
最近嫌なことがあり、気持ちが落ち込んでいましたが、この友達からのラッキー通信を読んで私も現状を受け入れて、嫌なことはできるだけ忘れようと思っています。
[PR]
by inoueshika | 2006-03-18 23:32

お久しぶりです。

昨日の日曜日、前厄の厄落としに日和佐へ行ってきました。ご存知のように薬王寺は八十八ヶ所の札所の1つであり、日和佐に向かって退職をしたぐらいの年齢の方が遍路行脚をしている光景をたくさん見ました。私が退職をして、このように歩けるかというと、自信がありません。強い方々だと感心致しました。
帰りに家内と日和佐の物産センターへ寄り、何か買って帰ろうかと車を降りると、目の前に後藤田正純夫人の水野真紀さんが子供を抱いて歩いており、過去に3,4回お会いしたことがあるので「徳島の井上です。こんにちは。」と挨拶させていただきました。薄化粧でしたが、相変わらず美人で、流石女優さんだと感心させられました。
以上が昨日の感心事二つでした。じゃじゃじゃじゃじゃーん。
[PR]
by inoueshika | 2006-03-13 20:25