私の日常生活で起こったことを書き込んでいきたいと思います


by inoueshika

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

その後の術後経過

術後経過で書いた、プレゼントをくれたI君がメールをくれました、私と東くん(歯科衛生士)が彼にとってお気に入りで、明日行きますから院長先生と東さんでお願いします、と言う内容のメールです。私も彼が来院してくれるのを楽しみにしています。
話は変わりますが先日眉山と言う映画のエキストラをしてきました、私の横が松島菜々子さんのお父さんを見つけて走り出す場所で3回も私の横に立ってくれました、実物をみたのはもちろん初めてで、彼女の美しさ、スタイルのよさに見ほれていました。
7時から12時まであの桟敷に座っていることは非常に苦痛であり、また、何度も踊りを繰り返していた踊り子さんは大変であっただろうと思います。最後に俳優さん一人ひとりがいい映画を作るためがんばりますと挨拶していましたが、私もぜひそうなってほしいと思いました。
[PR]
by inoueshika | 2006-08-22 22:17

術後経過

先週の木曜日に大腸のポリープを無事除去でき、昨日からやっと普通の食事ができるようになりました。普通のご飯がこんなにおいしいとは思ってもみませんでした。何でも食べられることの喜びをかみしめている昨日今日です。
話は変わりますが、私の患者さんで「アスペルガー症候群」という障害をもっている男の子がいます。この病気は人口100人に1人くらいの割合でいるそうです。生真面目、ひょうきん、饒舌、寡黙、無能、有能、引っ込み思案、大胆不敵などの症状がが正常な人より多目に出るそうです。私の患者さんである男の子は非常に饒舌な子供で、診療室に入ってくると、「先生」と言って、私のそばに飛んできます。彼と私の挨拶はハイタッチで始まり、治療が終わると両手でお互いの手を叩き合って終わります。先日久しぶりに来院し、プレゼントを持ってきてくれました。その中には、手紙と花びらとドリンクが入っており、感動しましたので、彼の書いたままにその手紙を紹介させていただきます。
「プレゼント いんちょう先生 どうぞ  
いんちょう先生へ まえ3年かんおせわになりました。 きょうおねがいします。」
以上の短い手紙ですが、彼なりに一生懸命書いてくれたあとがあり、どこの歯医者へも行けないと言うお母さんのお話を聞くにつけ、まだまだ私自身引退することができないと痛感した彼の来院でした。
[PR]
by inoueshika | 2006-08-08 22:11

初めての手術

約1ヶ月前、大腸にポリープができているのが見つかりました、明日,手術しますが内視鏡を入れてレーザで焼きとるらしいのですが、昨日からおかゆしか食べさせてもらっていません、今日は低血糖を起こして体がふらふらしながら仕事をしていました。明日、手術がおわってもしばらく普通食ではないそうです、何でも食べられるようになったら、まずおすしを食べに行こうと、今から楽しみにしています、どなたかおいしい、お寿司屋さんをご存知の方はメールをください、待っています
[PR]
by inoueshika | 2006-08-03 00:11